So-net無料ブログ作成

【ネタバレ】ドラマ版デスノート7話あらすじ [あらすじ]


【ネタバレ】ドラマ版デスノート7話あらすじ


  • ドラマ版デスノート7話あらすじ
  • デスノートドラマ版6話と原作の違い

スポンサードリンク

人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック

ドラマ版デスノート7話あらすじ


総一郎(松重豊)が



命がけの大芝居を打ったにも関わらず、

月(窪田正孝)が100%キラではない

という確信を持てないL(山﨑賢人)。

そんなLを納得させるために、

月もキラ対策室の一員として捜査に加わることに。

新たに現れたキラが

日本を代表する企業

ヨツバジャパングループの

関係者かもしれないという模木(佐藤二朗)

の報告を聞いた月は、

自らの潔白を証明するためにも

キラの逮捕に全力を尽くすことをLに誓う。



お互い心のどこかに

わだかまりを抱きつつも、

捜査を通じて

奇妙な友情で結ばれていく月とL。

そんな中、

ヨツバジャパングループの

CMタレントオーディションに乗じて、

海砂(佐野ひなこ)と松田(前田公輝)、

月がヨツバ本社に潜入することに。

一方、

キラがヨツバと関係があることを

警察に勘付かれたのではないかと

不安になった尾々井(寿大聡)たちヨツバ幹部は、

Lに次ぐ実力を持つと言われている探偵

バベルに調査を依頼。

オーディションの場で、

海砂はバベルに追いつめられ、

キラ対策室の内情を相手にさらしてしまう。



“第3のキラ”と

月&Lの白熱の頭脳戦が展開する中、

明らかになるバベルの思わぬ正体。

そして、

キラを逮捕するべく大勝負に出る月とL。

その勝負の果てに、

月たちを待ち受ける“真実”とは…!?

ストーリー|デスノート|日本テレビ


スポンサードリンク

スポンサードリンク




デスノートドラマ版6話と原作の違い


ココからはネタバレ注意です。
注意して読み進めて下さいね。


ドラマ版デスノート6話は、

ややストーリー踏襲した感じに進みましたが、

やはり、ちょっと違いを持たせて来ました。


無理やりニア&メロを絡めて来ましたね。

本来、夜神月が推理するはずのパートを、

ニアが受け持ち、

模木達にLを装いアドバイスを送りました。


天才的な頭脳が、

三つ巴の装いを見せ始めましたね。


次回の7話では、

ニアとメロが入れ替わり立ち代わり、

人格交代しながら、

引っ掻き回して行きそうです。

しかし、

白い髪に、白いワイシャツ姿が、

かなり、ミステリアスで、

可愛さを増していましたが、

普通の服装で、

街中に居ると、

美少女具合が半減したように感じるのは、

私だけでしょうか?


ちょっと、

何かが違う感が滲み出して来ました。

関連リンク
【ネタバレ】ドラマ版デスノート1話あらすじ
【ネタバレ】ドラマ版デスノート2話あらすじ
【ネタバレ】ドラマ版デスノート3話あらすじ
【ネタバレ】ドラマ版デスノート4話あらすじ
【ネタバレ】ドラマ版デスノート5話あらすじ
【ネタバレ】ドラマ版デスノート6話あらすじ
【ネタバレ】ドラマ版デスノート7話あらすじ

スポンサードリンク


スポンサードリンク


コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。